« 一人称の問題 | トップページ | 元気の出る小説 »

2005.07.31

「断片」の楽しみ

 『自分づくりの文章術』(清水良典著)は、文章を書くにしても読むにしても、完成品に至らなかった「断章」、あるいは完成品の「部分」としての「断章」の価値を積極的に認め、それを楽しむことを勧めています。

完成した作品の全体から断片を見出して楽しむこと。その取り出された断片を「全体」の「部分」として位置づけるだけでなく、独立した文章の価値として読む。そういう読み方だって自由なのである。

 また、「読書ノート」について、次のように言っています。

いわゆる「読書ノート」というのは、本を読んだ感想が書き並べられているだけで、どんな文章を読んで感心したのかという肝心のテキストは見えてこない。読んだ直後はここがいいと思ってはっきり覚えていても、時間がたってから読み返そうと思って探したら見つからないことが多い。
 ページを折ったり付箋を付けたりするのも一つの方法だが、一番いいのは気に入ったテキスト本文を書き写しておくことだ。ほんの数行の部分でもいいし、途中が冗漫であれば「中略」を入れて端折ってもいい。つまり「断片」を選出するのだ。

 これは僕がこの「つまみ食い的」ブログを始めた時の発想と全く同じで、賛同者を得て励まされたような気分です。
 夏休みの宿題の定番になっている「読書感想文」についての著者の意見にも全く同感です。ほとんどの児童生徒にとって、「苦役」を強いる以外の何ものでもない「感想文」はやめて、抜粋を中心とした「紹介文」のようなものにかえた方がいいのではないかと、以前から思っています。
 
 それにしても、抜き出した「断片」がたくさん集まって「その目の付け所や趣味やセンスの集積が、ひとつの人格のような性格を帯びてくる」ということになると、他人の書いた「断章」の寄せ集めとはいっても人目にさらすのはちょっと気恥ずかしさを伴うことにもなってしまいますね。

|

« 一人称の問題 | トップページ | 元気の出る小説 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83294/5249391

この記事へのトラックバック一覧です: 「断片」の楽しみ:

« 一人称の問題 | トップページ | 元気の出る小説 »