« 元気の出る小説 | トップページ | 心とコミュニケーション »

2005.08.19

キャンプの楽しみは…

 夏休みは家族で恒例のキャンプに行きました。
 キャンプといっても、車で行くお手軽オートキャンプですけどね。

camp

 キャンプの一番の楽しみは、テントを設営し終えたあとの冷たいビール!
 それから、ひんやりした山の朝の空気に包まれながらの読書。
 今年用意して行った本は串田孫一『もう登らない山』
 家族が寝ているうちに起き出して、携帯用ガスコンロでお湯を沸かしてコーヒーを飲みながら本を広げる、この幸せ! ところが今年は、さあ読もうというところで、子供たちももぞもぞと起き出して来て、残念、ほとんど読めませんでした。ああ、もっと早起きすればよかった!
 そんなわけで、結局はまたいつもの通勤電車の中で、ちょっと大きめのハードカバーの本を広げているのです。

山中の池のほとりに天幕を張るというのは、さまざまの条件が整っていさえすれば、気分のいいものである。天幕の指定地に、何十という色とりどりの天幕が張ってあるようなところへ仲間入りするのは、私は御免である。
 今はそんな贅沢は言えないのかもしれないが、山登りは気分が大切だと思うので、そういう種類の我慢は私には出来ない。
 池の水も綺麗だし、周辺も汚れていない。近くに水が流れていて、天幕を張りたいところは、やわらかい草地である。そしてあたりによその天幕もなく、登山道から少し離れていて、周囲の風景が、全部自分たちのものであるように思える場所。
 これだけ条件が揃っていさえすれば、躊躇することはない。日程を一日二日延ばしても、その地上の楽園をたっぷり楽しむ可きである。

 僕にも、数は少ないけれど、そんな地上の楽園かと思われるような場所でテントを張った経験があります。
 飯豊連峰を縦走したときにテントを張ったその場所は、すぐ近くを綺麗な水が流れ、天幕場としてはこの上ない条件を充たしているのに、僕たちのほかにテントを張るパーティーはなく、雄大な眺めは「全部自分たちのものである」ように思われたものです。
 本当は、あんなキャンプをもう一度してみたいし、子供たちにも経験させたいんだけどなあ。

|

« 元気の出る小説 | トップページ | 心とコミュニケーション »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

これが、最新ぺージなのですね。「サザンビーチ」読んで下さいよ。終わらない夏ですよ。

投稿: cozy.s | 2005.08.19 11:13

この夏は海には行かずに終わりそうだなあ。
(でも湘南海岸の掲示板には書き込みしましたよ。)

投稿: mf | 2005.08.19 21:57

わたしは、逗子海岸に行きましたよ。

投稿: cozy.s | 2005.08.20 09:05

ブログ始めましたよ!

投稿: cozy | 2005.08.21 20:38

 多忙な日常の合間を縫ってでも、行き着くことのできる楽園を持っていらっしゃるmfさんがうらやましいですね。うちは、結局、子供の受験のこともあって、泊旅行はできませんでした。先日、丹沢湖にドライブに行ってボートに乗ったのが精一杯でしたねえ。

投稿: tomtom | 2005.08.22 23:15

コメントがにぎやかになって、嬉しいですね。
cozy さんとtomtomさんのブログ、勝手に僕のとリンクさせておきました。

投稿: mf | 2005.08.25 00:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83294/5535515

この記事へのトラックバック一覧です: キャンプの楽しみは…:

« 元気の出る小説 | トップページ | 心とコミュニケーション »