« 心とコミュニケーション | トップページ | 芥山先生! »

2005.08.31

「中公新書」にもハズレが…

 貴重な時間を無駄にしてしまったのかもしれません。
 正高信男『考えないヒト』のことです。
 「はじめに」の中には、「専門的知識を駆使して、実証的な立場から分析する機会が与えられたことを、素直に喜んでいる。」とあるかと思うと、同じページに「一連の推測がまたったく私の見当はずれである可能性も大いにある。だが趣味でしている作業なら、的はずれであったとしてそれが益にならないとしても、またさして害になることもあるまいと、執筆した次第である。」と書いてあるのですから、ひどいと思いませんか? ですから最初からこれは眉唾物かも、という警戒心はありました。しかも「はじめに」の最後は、「この本を手に取られた方は、宝くじでも買ったつもりで、つき合ってくださると幸いである。」と締めくくっているんですよ!

 さて、前回の記事で取り上げた部分のように、「なるほど」と思いながら読んだ箇所も少なからずあったものの、肝心なところではやはり説得力に欠ける内容だったと言わざるを得ません。たとえば、

>(ケータイ人間とは)ネット上においてと、ネットを介さない、いわゆる日常の生活においてで、対極をなすような対照的な生活をめざしている印象を持つ。
 その典型が、異性との交渉の場面で見られる。つまり、現実では散文的な性関係を維持する一方、ネット上では純愛に近いロマンスを展開する。あえて乱暴な表現をとるならば、現実にはヒトとしての動物的な振る舞いに徹し、生物としての欲求の充足をめざす。他方、ネット上では文化的行動を志向するとも言い換えることができるだろう。前者の状況では、身体的行動をとり、後者では精神的な願望を充たそうとするともいえる。

 これでは、現代人の生態の捉え方があまりにも「乱暴」に過ぎると感じてしまうのですが、どうでしょう。
 今回はうっかり「中公新書」の中のハズレくじをひいてしまったような気がしています。
 本物の宝くじ買った方が良かったかな…

|

« 心とコミュニケーション | トップページ | 芥山先生! »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83294/5715588

この記事へのトラックバック一覧です: 「中公新書」にもハズレが…:

» (書評)考えないヒト ケータイ依存で退化した日本人 [たこの感想文]
著者:正高信男 以前、同じ著者の『ケータイを持ったサル』を批判したことがあったの [続きを読む]

受信: 2005.08.31 09:20

« 心とコミュニケーション | トップページ | 芥山先生! »