« 桜木先生! | トップページ | 『源氏物語』の主人公は? »

2005.09.20

さらに「わかる」ために

 『わかったつもり―読解力がつかない本当の原因』(西林克彦著、光文社新書)という本のタイトルと「わからない」ことよりも、「わかったつもり」でいることの方がはるかに問題だ!」という帯の文句が僕の眼に飛び込んできたのは、ちょうど『「わからない」という方法』(橋本治)を読んだばかりの僕の中で、「わからない」に対して敏感に反応する準備ができていたからでしょう。

「わかった」状態は、ひとつの安定状態です。ある意味、「わからない部分が見つからない」という状態だといってもいいかも知れません。したがって、「わかった」から「よりわかった」へ到る作業の必要性を感じない状態でもあるのです。浅いわかり方から抜け出すことが困難なのは、その状態が「わからない」からではなくて、「わかった」状態だからなのです。…
 「わかったつもり」の状態も、ひとつの「わかった」状態ですから、「わからない部分が見つからない」という意味で安定しているのです。わからない場合には、すぐその先の探索にかかるのでしょうが、「わからない部分がみつからない」ので、そうしようとしとしないことがほとんどです。
 「読む」という行為の障害は、「わからない」ことだと一般には考えられています。このことは、「わからない」から「わかる」に達する過程では、そのとおりです。
 しかし、「わかる」から「よりわかる」に到る過程における「読む」という行為の主たる障害は、「わかったつもり」なのです。「わかったつもり」が、そこから先の探索活動を妨害するからです。

  著者は授業実践に裏付けられた適切な例を挙げながら、実にわかりやすく論を展開しています。読者はこの本を読みながら、文章が「わかる」とはどういうことか、さらに読みを深めるにはどうしたらよいかについて、知的興奮さえ覚えながら著者と共に考えていくことになるに違いありません。

 著者はこの本について、「読むという行為の一つの側面にスポットを当てたに過ぎません」と言っていますが、僕にはこの本が明らかにしたことは実に重要なことだと思われます。
 それから最後の章で、大学入試センター試験の問題を例に挙げて国語教育に対する提案をしている部分は、関係者はぜひ読むべきだと思いますよ。

|

« 桜木先生! | トップページ | 『源氏物語』の主人公は? »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83294/6024811

この記事へのトラックバック一覧です: さらに「わかる」ために:

« 桜木先生! | トップページ | 『源氏物語』の主人公は? »