« ハイドンとその「夫人」 | トップページ | 「ローカル」という足場 »

2005.10.25

そうだったのか!

 横浜シティ・シンフォニエッタの第10回演奏会は、大盛況のうちに終えることができました。
 今回のプログラムの作成は僕が担当したのですが、予算が少ないために印刷屋に出す事ができず、ほとんど手作りになってしまいました。その苦労して作ったプログラムがたくさん余ってしまうことになるのは実にもったいないことだと思っていたのですが、幸い多くのお客さんに来ていただき、さほど多くの残部を出さずに済みました。
 よかった、よかった。

 ところで今日、学校の図書室で『もったいない』という本(プラネット・リンク編、マガジンハウス)を借りて読んだのですが、実に驚くべきことが書いてありました。

日本人が1年間に
 使い捨てている割り箸は、
 約250億膳。
 96パーセントが、
 中国からの輸入です。
 割り箸に使われる木材の量は
 120平方メートルの一戸建て
 1万7000戸に相当します。

 僕は今まで割り箸は国産の間伐材を用いていると信じていたのですが、違うのですね。

輸入割り箸のほとんどは主に中国東北部でエゾマツやシラカバ、アスペンなどの天然林を伐採して作られていますが、一帯の樹木を樹齢などに配慮することなく一斉に伐採する「皆伐方式」をとっているうえに、その後の植林も十分に行われていないことから、森林の減少が進んでいます。

 中国の割り箸1膳が約1.3円なのに対し、国産は約5円だそうで、これでは間伐材の利用は進まないわけですね。やはり割り箸の使用は、環境のためには控えた方がいいということなのでしょうか。
 「お弁当に箸が入っていなかったので、割り箸を下さい」と言って職員室に来る生徒が毎日のようにいます。高校生のお子様を持つお母さん、お弁当に箸を入れ忘れないにしましょうね。(もっとも僕は、妻が作ってくれた弁当をよく家に忘れるけど…)

|

« ハイドンとその「夫人」 | トップページ | 「ローカル」という足場 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

 お疲れさまでした。
 コンサートの感想をブログに書いたのですが、読んでいただけましたか。

 http://blog.livedoor.jp/tomtom_poem/

投稿: tomotom | 2005.10.28 00:35

気がつきませんでした。
今読んだところです。
ありがとうございました。
「源氏物語」の授業の予習で、寝不足ですよ。

投稿: mf | 2005.10.28 01:15

割り箸は日本の間伐材の有効利用と思っていました。
それが中国からの輸入品ですか!
知らなかったあ!

投稿: u-och | 2005.11.09 09:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83294/6554908

この記事へのトラックバック一覧です: そうだったのか!:

» 環境フェスタ [フォトクラブアクア]
第3回環境フェスタ中津川  情報の氾濫する現代社会。 フカイの生まれたその訳を [続きを読む]

受信: 2005.10.25 21:04

» 緑の森 [AirNET]
緑の森  R業者が、無許可で14ヘクタールもの森林を伐り倒し、木をその場で野焼きをしてしまったらしい。 現代日本で焼畑農業でもするつもりだったのか。バカな話である。 うわさでは、砂防方違反、森林法違反、自然保護条例違反、廃棄物処理法違反とのこと。  今、... [続きを読む]

受信: 2005.10.26 20:56

« ハイドンとその「夫人」 | トップページ | 「ローカル」という足場 »