« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005.11.27

海はどこに

 逗子文化プラザで行われた、「波多野睦美メゾ・ソプラノリサイタル~つくろう、つなごう、日本の歌」を聴いて来ました。

 波多野睦美は、プログラムプロフィールに「古楽のフィールドを中心に活動し、バロック期の歌曲、カンタータ宗教曲などで活躍」とあるのも頷ける、清潔感のある歌声が魅力の歌い手で、聞き慣れたのとは一味違う日本語の響きを聞かせてくれました。

 実は僕にとってこのコンサートの一番の楽しみは、高橋睦郎による自作の詩の朗読でした。このコンサートを企画した僕の友人とのトークもなかなか興味深い内容でしたが、その中で二編の詩を朗読した時は、会場内にふわっと暖かい空気が満ちてくるような感じがして、心癒されるようなしみじみした幸福感を味わうことができました。今まで僕は高橋睦郎に対して、学者肌の近寄りがたい人というイメージを勝手に描いていたのですが、実際はとても温かく親しみやすいお人柄の方のようでした。

  海は どこにありますか
  つぶったまぶたのおくに

  海は どこにありますか
  ひろげた本のページに
  閉じた
ピアノの鍵盤に (高橋睦郎「海はどこに」より)

これは、このコンサートのために書かれた詩の一節です。矢野義明によって曲がつけられて、素敵な歌曲になっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.25

蜜柑の樹、俳句の樹

 勤労感謝の日は、三浦半島の津久井浜観光農園で蜜柑狩りです。ここは昨年初めて行ったのですが、景色がよくて味もよかったので、「来年もまた来よう」と決めていたのです。

 蜜柑を二つほど食べて、お持ち帰り用の袋も一杯になると、僕はビニールシートの上に寝そべって、読書の時間。持って行ったのは、小沢昭一『俳句武者修業』(朝日文庫)。仲間たちと、「選評もなければ、互いに句を批判しあうということもない。ただ点を入れて、賞品のパンとかイワシの丸干しとかを交換し合っているだけ」という「やなぎ句会」を30年以上も続けてきた著者が、「本筋の句会」に押しかけて自分の句がどのくらい通用するか試してみようという楽しい趣向の本で、ぽかぽかと陽のあたる蜜柑山の斜面に寝転がって読むには、ぴったりです。

 さて、全部で10の結社の句会に乗り込んで「修業」を目論んだ著者ですが、その感想は…

この一年、毎月、各結社におじゃまして、それぞれの流儀に接してシゴカレテまいりましたが、どうも、それで上達するということにはならないようですね。…
 思うに俳句という大樹は四方八方に枝を伸ばして、それぞれの枝が、それぞれ繁っているのでしょう。だから、どれかの枝の繁みで、その繁みなりに句を深めればいい。結社の先生がたは、みな一流を立てておいでで、お弟子さんもその先生流のもとで精進しておられる。それで正解なんですね。チョコチョコあっちこっちと流派を経巡っても、それで「修業」にはならないものとよくわかりました。

 そういえば、蜜柑は樹によって味が違うようで、美味しい樹を見つけたら、その樹を集中的に攻めるのがいいみたいですよ! でも、その樹のてっぺんの方にある、一番美味しそうに見える蜜柑に手が届かないんだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.10

いつもぎりぎり

 毎月10日は、角川書店『俳句』の読者投句欄の締め切り日。
 投句を始めてそろそろ3年。毎回3句作るのが実に大変で、もうやめてしまおうかと何回も挫折しそうになりましたが、一度やめてしまったらそれっきりになりそうなので、なんとか頑張っています。今回もようやく先ほど出来上がり、はがきを投函してきたところです。このところ“ボツ”続きなので、もっと真剣に修行(修業?)しなくちゃいけないかなと思っています。

 『俳句』の中では、「合評鼎談」と「俳句月評」を必ず読んでいます。この中から毎回いい俳句を発見することが出来るからです。次の句も、9月号の「鼎談」の中で見つけた最近の僕のお気に入りです。

てのひらに薄暑のけはい忍びゐる  鷲谷七菜子

家中の椅子みなちがふ竹の秋   川口真理

 こんな句が自分でも作れたら、と思います。

 ところで、10日の夜遅く投函しても、10日の消印を押してもらえるんでしょうか? そのことが気になりながらも、結局はいつもぎりぎりになってしまうんですけどね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »