« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005.11.27

海はどこに

 逗子文化プラザで行われた、「波多野睦美メゾ・ソプラノリサイタル~つくろう、つなごう、日本の歌」を聴いて来ました。

 波多野睦美は、プログラムプロフィールに「古楽のフィールドを中心に活動し、バロック期の歌曲、カンタータ宗教曲などで活躍」とあるのも頷ける、清潔感のある歌声が魅力の歌い手で、聞き慣れたのとは一味違う日本語の響きを聞かせてくれました。

 実は僕にとってこのコンサートの一番の楽しみは、高橋睦郎による自作の詩の朗読でした。このコンサートを企画した僕の友人とのトークもなかなか興味深い内容でしたが、その中で二編の詩を朗読した時は、会場内にふわっと暖かい空気が満ちてくるような感じがして、心癒されるようなしみじみした幸福感を味わうことができました。今まで僕は高橋睦郎に対して、学者肌の近寄りがたい人というイメージを勝手に描いていたのですが、実際はとても温かく親しみやすいお人柄の方のようでした。

  海は どこにありますか
  つぶったまぶたのおくに

  海は どこにありますか
  ひろげた本のページに
  閉じた
ピアノの鍵盤に (高橋睦郎「海はどこに」より)

これは、このコンサートのために書かれた詩の一節です。矢野義明によって曲がつけられて、素敵な歌曲になっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.25

蜜柑の樹、俳句の樹

 勤労感謝の日は、三浦半島の津久井浜観光農園で蜜柑狩りです。ここは昨年初めて行ったのですが、景色がよくて味もよかったので、「来年もまた来よう」と決めていたのです。

 蜜柑を二つほど食べて、お持ち帰り用の袋も一杯になると、僕はビニールシートの上に寝そべって、読書の時間。持って行ったのは、小沢昭一『俳句武者修業』(朝日文庫)。仲間たちと、「選評もなければ、互いに句を批判しあうということもない。ただ点を入れて、賞品のパンとかイワシの丸干しとかを交換し合っているだけ」という「やなぎ句会」を30年以上も続けてきた著者が、「本筋の句会」に押しかけて自分の句がどのくらい通用するか試してみようという楽しい趣向の本で、ぽかぽかと陽のあたる蜜柑山の斜面に寝転がって読むには、ぴったりです。

 さて、全部で10の結社の句会に乗り込んで「修業」を目論んだ著者ですが、その感想は…

この一年、毎月、各結社におじゃまして、それぞれの流儀に接してシゴカレテまいりましたが、どうも、それで上達するということにはならないようですね。…
 思うに俳句という大樹は四方八方に枝を伸ばして、それぞれの枝が、それぞれ繁っているのでしょう。だから、どれかの枝の繁みで、その繁みなりに句を深めればいい。結社の先生がたは、みな一流を立てておいでで、お弟子さんもその先生流のもとで精進しておられる。それで正解なんですね。チョコチョコあっちこっちと流派を経巡っても、それで「修業」にはならないものとよくわかりました。

 そういえば、蜜柑は樹によって味が違うようで、美味しい樹を見つけたら、その樹を集中的に攻めるのがいいみたいですよ! でも、その樹のてっぺんの方にある、一番美味しそうに見える蜜柑に手が届かないんだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.18

凄い庭を作る。

 丸山健二が安曇野で庭造りをしていることは、図書館で見かけた写真集で知っていましたが、『安曇野の白い庭』(新潮文庫)を読んでみて、その情熱の傾け方の尋常でないことに驚きました。
 350坪の庭のすべての作業を自分でやってしまうと言うのもすごいことですが、納得のできる「美」の実現のためには、一度植えて育った木でも容赦なく切り倒してしまうという思い切りのよさも、並みの人間の出来る業ではありません。

美の追求とは残酷なものだ。加えるだけではなく、ときには引くこともしなければならない。無用と思った場合には、それ自体かなり貴重なパーツであったとしても、また、曰く因縁のあるものであったとしても、切り捨てなければならない。
 美で重要なことは、あくまでトータルバランスである。全体の流れやトーンを乱す物であることが判明したときには英断を下さなくてはならない。
 従って、子どもの頃からの思い出がいっぱい染みこんだ品々をどうしても棄てられない者は芸術家には適さない。手に入れた物に対する執着心が強い人間もまた然りだ。ところが、なぜかそういうタイプの人間が芸術に関わりたがる。
 女と、女に近い男は、どうもそれが苦手らしい。新しい物をどんどん欲しがるくせに、古いものをいつまでも棄てないで取っておきたがる。それにひしとしがみついて生きようとする。結果として、ごてごてとした、雑然とした、美とは正反対の方向へ際限なく進んでいってしまう。そして、その乱雑さのなかに埋没し、窒息して、本物の美からどんどん遠ざかってゆく。

 捨てることの苦手な僕にとっては、耳の痛い忠告です。捨てられないもののために、何と窮屈な思いをしていることか。理想の実現のためには、切り捨てることを躊躇していてはダメだというのは、もっとものことだと思います。
 それにしても、口絵写真の「白い庭」の魅力的なこと! 実に惚れ惚れとしてしまう美しさです。(庭の真ん中に建つ家もまた庭と調和したすばらしい外観です。)

 「庭の広さは一切関係ない。情熱とセンスさえあれば、僅か一坪にも満たない土地に壮大な幽玄の世界を構築することだってできる」という言葉を励みに、僕ももう少し頑張ってみるか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.10

いつもぎりぎり

 毎月10日は、角川書店『俳句』の読者投句欄の締め切り日。
 投句を始めてそろそろ3年。毎回3句作るのが実に大変で、もうやめてしまおうかと何回も挫折しそうになりましたが、一度やめてしまったらそれっきりになりそうなので、なんとか頑張っています。今回もようやく先ほど出来上がり、はがきを投函してきたところです。このところ“ボツ”続きなので、もっと真剣に修行(修業?)しなくちゃいけないかなと思っています。

 『俳句』の中では、「合評鼎談」と「俳句月評」を必ず読んでいます。この中から毎回いい俳句を発見することが出来るからです。次の句も、9月号の「鼎談」の中で見つけた最近の僕のお気に入りです。

てのひらに薄暑のけはい忍びゐる  鷲谷七菜子

家中の椅子みなちがふ竹の秋   川口真理

 こんな句が自分でも作れたら、と思います。

 ところで、10日の夜遅く投函しても、10日の消印を押してもらえるんでしょうか? そのことが気になりながらも、結局はいつもぎりぎりになってしまうんですけどね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.11.05

なぎさへの誘い

 友人から、次のような演奏会を企画したと案内が届きました。

「つくろう、つなごう、日本の歌」
波多野睦美メゾ・ソプラノ・リサイタル
(逗子文化プラザホールオープニングイヤー記念事業)

http://zushi-plaza.34-net.com/

平成17年11月26日(土) 15:00開演
逗子文化プラザ なぎさホール

曲目…よく知られた日本の歌(「からたちの花」など)のほか、三つの委嘱作品

 委嘱作品のうち二つは逗子在住の詩人・高橋睦郎による作詞だそうで、興味をそそられます。
 久しぶりに高橋睦郎『私自身のための俳句入門』を開いて、線の引いてあるあたりを拾い読みしてみました。

私たちは四季の変化に富む風土に住み、他のどんな民族よりも季感に敏いと思いがちである。そこまではまだよいとしても、原始古代から伝統的に季感に敏であったと考えかねないが、これは明らかに誤っている。四季の変化に富むとは、これを言い換えれば四季の変化の推移が緩やかだということであり、この緩やかさはそこに住む者の季感を敏にするよりも、むしろ鈍にする。
 ほんらい季感に敏になるのは、もっと季節の変化の激しい風土に住む民族、具体的には大陸性気候の中に住む民族ではあるまいか。私たちの季感は彼らが海を越えて持ち来たり、教えてくれたものではないだろうか。

 さらに著者は別のところでも「春夏秋冬」という概念は外来のものであったことを繰り返し、次のように続けます。

季節感をいやが上にも敏感にしたのが、大陸から齎された季節の制度とわが国の季節の実際とのずれである。じっさいにはきびしい寒さの中にあるのに制度は春の訪れを感得せよとせきたてる。

 そしてこのずれが生じさせる「不自然」な季節感が短歌、さらには連歌の行き詰まりへとつながり、俳諧への流れを作っていくという論の展開は、なかなかスリリングです。
 また、今年の『俳句』6月号には高橋睦郎による「特別作品50句」が載っています。この人の句には広大な古典文学の世界を下敷きにしたものが多く、該博な作者の前で僕などはただひれ伏すしかないのですが、中にはこんな平明な句もあります。

花火果て闇の豪奢や人の上
 月光の透明の棒ひしめける

 さて高橋睦郎による歌曲を聴きに逗子まで行ってみようかどうしようか、迷っているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »