« 蜜柑の樹、俳句の樹 | トップページ | ハイクリング日記 »

2005.11.27

海はどこに

 逗子文化プラザで行われた、「波多野睦美メゾ・ソプラノリサイタル~つくろう、つなごう、日本の歌」を聴いて来ました。

 波多野睦美は、プログラムプロフィールに「古楽のフィールドを中心に活動し、バロック期の歌曲、カンタータ宗教曲などで活躍」とあるのも頷ける、清潔感のある歌声が魅力の歌い手で、聞き慣れたのとは一味違う日本語の響きを聞かせてくれました。

 実は僕にとってこのコンサートの一番の楽しみは、高橋睦郎による自作の詩の朗読でした。このコンサートを企画した僕の友人とのトークもなかなか興味深い内容でしたが、その中で二編の詩を朗読した時は、会場内にふわっと暖かい空気が満ちてくるような感じがして、心癒されるようなしみじみした幸福感を味わうことができました。今まで僕は高橋睦郎に対して、学者肌の近寄りがたい人というイメージを勝手に描いていたのですが、実際はとても温かく親しみやすいお人柄の方のようでした。

  海は どこにありますか
  つぶったまぶたのおくに

  海は どこにありますか
  ひろげた本のページに
  閉じた
ピアノの鍵盤に (高橋睦郎「海はどこに」より)

これは、このコンサートのために書かれた詩の一節です。矢野義明によって曲がつけられて、素敵な歌曲になっていました。

|

« 蜜柑の樹、俳句の樹 | トップページ | ハイクリング日記 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83294/7335525

この記事へのトラックバック一覧です: 海はどこに:

« 蜜柑の樹、俳句の樹 | トップページ | ハイクリング日記 »