« AならばBなる論理 | トップページ | 達人になりたしと思へども… »

2006.01.25

深夜、「は」と「と」のビミョーな違いについて悩む。

 前回の記事で、『国家の品格』の著者・藤原正彦が、「論理」が万能でないのはその出発点を選ぶのは「感性」だからで、その「感性」において日本人が優れていることを、俳句を引き合いに出して論じていると書きましたが、そもそも俳句というものは、「論理」によって成り立つことを極端に嫌うようです。
 俳句の本を読んでいてよく目にするのは、この句は「理屈」だからダメ、「因果関係」だからダメという言葉です。例えば、昨年の『俳句』11月号誌上で、「第51回角川俳句賞選考座談会」が行われていますが、その受賞候補者の作品「天の路混み合つてをり残る鴨(荻原都子)」について、長谷川櫂が

天の路が混み合っているから鴨が残っているという、理屈の句ですね。こういうのはちょっとだめだ。

と言ったり、現代俳句に多用されがちな接続助詞の「て」「ば」に関して宇多喜代子が

私は「何々すれば」の「ば」が嫌い。こうすればこうなったって、因果をね。

と言ったり、という具合です。これらの「理屈」「因果」は、「論理」という言葉に置き換えることができそうです。俳句に詠まれた二つの事柄が、「論理」でつながってはダメ、さらに言えば、頭で作った句はダメ、ということにもなります。
 『俳句』1月号の鼎談では、「凌霄の百の落花や地震来るか(小林篤子)」という句についての評価が分かれています。出口善子は「斬新な感じ」「ノウゼンの花はもちろん地震とは関係ないのですが、こういう美しいものを見たときの、美しいものの中にある不安要素みたいなもので予兆を感じる。そういう感性を私は評価したい」と、これを「感性」による句と評価する一方で、千葉皓史はこれを「因果を感じなくもない」から採らないと言っています。つまりノウゼンカヅラの落花と地震との間に「論理」的な結びつきの匂いを嗅ぎとってしまうと、これは頭で作った句だからいただけない、という評価になってしまうのです。この句の場合は、なかなか微妙だと思いますが。
 ところで、先ほどの「第51回角川俳句賞選考座談会」を読んでいて、僕にはわからなかったことがあります。「雛の間に妻と離れて眠りけり(広瀬敬雄)」について、長谷川櫂が、「〈妻離れて〉となると理屈ですね」と言っているのですが、どうしてこれが「理屈」ということになるのか、今の僕にはどうも理解できないのです。「離れて」だったら理屈ではないということのようなのですが…
 「ビミョー」だと思いませんか?

|

« AならばBなる論理 | トップページ | 達人になりたしと思へども… »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

 「妻と」とすると、今までは妻と一緒だったのに「離れて」悲しいとか残念だとか、そういうことが想像できてしまうから、「理屈」なのかな?また、「妻は」とすると、そういう詮索なしにただ客観的に「妻は離れて」いるということなのかな? いずれにしろ、そういうレベルまで考えていくと、とてもとても俳句を作るなんてのは、大それたことのように思えてしまうのですが。

投稿: tomtom | 2006.01.25 18:48

ありがとうございます。参考になりました。
とにかく、俳句は難しいです。

投稿: mf | 2006.01.25 21:22

はじめまして。真摯に俳句に向かっておられる様子に共感いたしました。私は出口善子さんの句会で勉強している者です。「妻と」の句の場合、たぶん善子であれば、「解答を出すな」と言うのではないかと思います。論理、説明が勝つと、とらえ方が一義的、報告的になり面白くない。答えは読み手にまかす、その余地を作るために言い過ぎないように、と。例としておりあげられておられる句はどれも本当に「びみょうー」ではありますね。ノウゼンの句は多少因果を感じても、それ以上に句の世界が魅力的ともいえそうですし。また、まいります。ご健吟を!

投稿: はる | 2006.02.12 13:35

はる様、コメントありがとうございます。
言葉の置き方の少しの違いで、詩が生まれたり単なる報告で終わったり、俳句は難しいですね。
ぜひまたこのブログをのぞきに来てください。
今、長谷川櫂の『古池に蛙は飛びこんだか』を書店に注文していて、届いたらすぐ読み始めるつもりです。

投稿: mf | 2006.02.12 20:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83294/8324667

この記事へのトラックバック一覧です: 深夜、「は」と「と」のビミョーな違いについて悩む。:

« AならばBなる論理 | トップページ | 達人になりたしと思へども… »