2006.06.15

転居のお知らせ

ブログを引っ越しました。

引越し先は『はてなダイアリー』です。
これより新しい記事はこちらをご覧下さい→ 
http://d.hatena.ne.jp/mf-fagott/
今後とも、今まで同様お付き合いよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.01

ブログで出力トレーニング

 『能力を高める 受験勉強の技術』(和田秀樹著)を面白く読みました。

 受験勉強を悪く言う人が多いけれど、人にとって必要な能力を身につけるいいチャンスとして積極的に評価しようよという筆者の意見に、僕も賛成です。「関心・意欲・態度」を加味して評価するという新しい学習指導要領が、相対的にテストで点を取ることに対する価値を下げたのではないかという問題提起も、なかなかするどい点をついているのではないでしょうか。学力低下を食い止めようという筆者の真剣な思いが伝わってくる本です。

 覚えることの苦手な僕としては、記憶のための三段階(入力、貯蔵、出力)のうちの三つ目の重要性を説いた次の箇所が印象に残りました。

私は日本人の大人になってからの勉強について、この出力トレーニングが足りないことが問題だと考えている。知識をひけらかすことが恥かしいことだという文化のためかもしれないが、書斎の人や読書家といわれる人は多くても、それを有効にアウトプットしている人は少ない。ホームページやブログなど発信のチャンスは増えているのだから、それをしないのはいかにももったいない。

ブログに「出力」することで、読書によって「入力」された内容が記憶として自分の中に定着していくというわけですね。最近はブログのために寝不足になって翌日が辛いこともあるけど、これからも頑張ろうかなって気になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.13

未来への視力

 『超簡単!ブログ入門』(増田真樹、角川ONEテーマ21)は、題名から想像されるような単なるハウツーものではありません。ブログが社会を変えていく可能性について熱く語り、ホームページを作ろうと思いつつも一歩を踏み出せなかった僕の背中をポンと押してくれた、ありがたい本です。その「あとがき」に、音楽家坂本龍一からのこんなメッセージが紹介されていました。

「子供が生まれることによって、自分の未来への視力が増すのです。
子供が20歳になった時の世界や地球を想像しながら、今を考え、行動しなければなりません。」

 21世紀後半には地球の気温は3℃上昇する、というような話を聞いて、そのころまでは自分は生きていない、なんて思ってはいけないのですよね。
 このごろは近くのものにピントが合いにくくなった僕だけど、「未来への視力」は失わないようにしなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)