2006.04.15

たかがテストの点数というけれど…

 桜木建二先生、よくぞ言ってくれました。

>(桜木)「何度も言うが
     センターくらいテクニックで解ける試験はない

     こういうテクニックのみでは
     本当の学力が身につかないと批判されるが…

     んなことは知ったこっちゃない

     本当の学力なんて誰も知るはずないし 知る必要もない

     そんなもん社会が勝手に騒いでいるだけだ

     お前たちはテストでいい点を取る

     それも… 楽して 効率よく…

     それの何が悪い

     勉強なんてテストでいい点取る以外に何にもない

     なんなら「本当の学力」なんていう看板
     俺の前に持ってこいってんだ

 (水野)「どうすんの?

 (桜木)小便ぶっかけてやる

 (水野)あちゃ~ (三田紀房『ドラゴン桜12』より)

 『ドラゴン桜』の中にはいくつもの「名言」が見つかりますが、今度のこのせりふは実に痛快。「新しい学力観」の信者の方たちに、ぜひ読んでいただきたい。テストで点を取るということは、細切れの知識をただむやみに詰め込むことではない。頭の様々な働きを総動員し、時には体も使い、さらには仲間の協力も仰いだりして、初めてテストでの高得点は稼げるはずなのです。(『ドラゴン桜』を読めば、そのことがよーくわかります。)
 たかがテストの点数などと言うなかれ。
 ただ大切なことは、テストでの高得点に価値があるのは、そのテストが良問であることを前提としているということです。桜木が言うように東大の入試問題が大学生に求められる学力を試すのにふさわしい良問であるならば、それを解くためのどんな努力も無駄ではないはずなのです。問題作成者としては、生徒が必要とする能力を測りうる良質の問題を作る義務があるということを肝に銘じておきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.15

桜木先生!

  橋本治『「わからない」という方法』(集英社新書)を読み終えました。
  ちょうど並行して読んでいた『ドラゴン桜』と言っている内容が重なることが多くて(微妙に食い違っている部分もあるけど)、何度も桜木弁護士の顔を思い浮かべてしまったのでした。

  僕がこの本から得た一番の収穫は、「わからない」の発見が「わかる」への第一歩であるという、考えてみればあたりまえのことに気づかされたことです。

「わからない」をスタート地点とすれば、「わかった」はゴールである。スタート地点とゴールを結ぶと、「道筋」が見える。「わかる」とは、実のところ、「わからない」と「わかった」の間を結ぶ道筋を、地図に書くことなのである。「わかる」ばかりを性急に求める人は、地図を見ない人である。常にガイドを求めて、「ゴールまで連れて行け」と命令する人である。その人の目的は、ただゴールにたどり着くことだけだから、いくらゴールにたどり着いても、途中の道筋がまったくわからない―だから、人に地図を書いて、自分の道筋を教えることができない。「わかった」の数ばかり集めて、しかしその実「なんにもわからない」のままでいるのは、このような人である。

  そして橋本治は「途中の道筋」においては「体を使え=身体に覚えさせろ」ということを強調するのです。
 ところで僕はこの部分を書き写しながらも、桜木弁護士が水野と矢島の二人に1年の数学の授業をさせる場面を思い出してしまうのです。水野も矢島も「途中の道筋」がわかっているから下級生に教えることができるわけですね。
  なんだかすっかり『ドラゴン桜』にハマッてしまったなあ。
  第10巻、いつ出るんだろう…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.07

芥山先生!

  珍しくマンガを読んでいます。
  『ドラゴン桜』(三田紀房著)、なるほど、面白いですね。

  国語の芥山先生、左手を顎に当てたポーズがいかにも文学者っぽく見えます。僕も真似してみようかな。
  ところで、その芥山先生が国語の教材に興味を持たせるために用意した「文豪の名著20作品」って、何なんだろう?  そこには「愛情 正義 善意 良心といったものの反対のもの」「怒り 憎しみ 裏切り コンプレックス エゴイズム…」が書かれているというのだけれど。龍山高校の生徒矢島が「こんなこと今までにねえよ!」「こりゃスゲエ…」と言いながら夢中で読み始める「名著」とは?
  たとえば、芥山、じゃなくて芥川龍之介の『羅生門』には人間の「悪」「エゴイズム」が描かれていると言われ、高校生には確かに人気があるけれど、そういう作品に対する生徒の興味を、論理的文章を読む意欲へとつなげていくのが難しいんだよなあ。
  芥山先生、その辺のこと、どうしたらいいのか教えてくれませんか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)